【英語】

使役動詞。【英語】

使役動詞。

古語でいえば、「~をして」「~せしめる」。

「~(誰それ)に」「~させる」って意味ね。

これは、奴隷制の名残なんだと思う。

「〇〇に」「〇〇させましょう」みたいな。

基本的に、パターンは4つある。

①have + O + 原形不定詞 「使わせて〇〇させる」

②make + O + 原形不定詞 「(強制的に)〇〇させる」

③let + O + 原形不定詞 「まー〇〇させてやる」

④get / persuade / allow / compel + O + to不定詞 

:get 「(現在そうじゃないのを)しむける」

:persuade「(説得して)〇〇させる」

:allow「〇〇させてやる」

:compel「強制して〇〇させる」

①~③が原形不定詞を取るやつ。

④はto不定詞を取るやつ。

have, make, letはSVOCを作る動詞で。

そのあとのCには原形不定詞が来るのだということがひとつめのポイント。

そして、以下の動詞も使役動詞といえばいえなくもないやつ。

ただし。

原形不定詞ではなくto不定詞になる。

get + O + to不定詞:「これから〇〇させる」*getは状態の変化。

persuade + O + to不定詞:「説得して〇〇させる」

allow + O + to不定詞:「〇〇するのを許してやる」

compel + O + to不定詞:「強制してでも〇〇させる」

こんなのを使役動詞という。

使役動詞は、「〇〇させる」って意味で、SVOCを取るものだという意味でまとめるとこうなる。

例文を入れてみると。

I compelled him to make a call to a customer, as the common greetings of ‘What the world is.’

:「客がひとり、この世界ってのががよくわかってないみたいなんで、電話一本くれさせてやったぜ。」

まー。

状況的に。

その「彼」が、嫌がっているのがわかる。

だから「強制」する必要があったわけだ。

「なんかよくわかってねーみてーだからよ!?」

「一本電話入れとけ。」

「ええっ。(滝汗)」

強制的に「〇〇させる」わけだ。^^;

だからこの文は。

I made him make a call…とも書ける。

make = compel + O + [to…] なのよね。

I let him take a breath before his answer.

:一息入れさせてやったからな。

let = allow + O + [to…]

だよ。

というわけで。

基本、使役動詞が存在するのは。

立場が上か下か。

そういう場合になるのよね。

主語になるのは、圧倒的に自分よりも上系。

そういうときに使役動詞がくる。

無生物主語もいっしょ。

The news made the European ice-chilled.

:ヨーロッパの人々は、その知らせに激ビビった。

これもSVOC。

The European got ice-chilled.(SVC)

:ヨーロッパの人々が固まった。

このchilledは、形容詞の働きをしているCの部分。

They got ice-chilled.になってる。

固まっちゃった。

冷蔵庫のチルド室といっしょ。

寒くなる。

「え。」的ななにか。

まー。

欧州の人々は、その知らせの前になすすべもなかった。

知らせのほうが、圧倒的に上だったわけだ。

You surprise me!

:ちょっと待ってよ。ビビったじゃない。

You > me (影響力)

こんなかんじね。

要は、日本語訳しなくて。

英語をそのまま、まるごと理解すれば、意味を取り違えないということだ。

mindなんて、「~を気にする」って直訳でよいのだ。

Do you mind me open the window?

= Do you mind my opening the window?

「ね。窓開けたら困る?」

だから。

開けてもいいときは、Do you mind(気にしちゃうかな)?

No, I don’t mind.(ん-ん。いいよ。)

Yes, I do mind.(ダメだよ。ダメ。)

こんな風にYes/Noが成立するのだ。

というわけで。

以上。

まーくん。

(画像は、はちみつマンゴーの紅茶です。)

使役動詞。【英語】 はコメントを受け付けていません