【英語】

発音はスペルで決まるもの。【英語】

英語の発音は、アルファベット26文字をきちんと読めれば、たいてい正しい発音で読める。

aは。

エーじゃないよ。エイだよ。

巻き舌は。

ir, ur, er, orのときに。

①ベロをはじめから巻いたままで。

②有声音を出す。

たとえば。

bird, turtle, verb 【強形】:アクセント位置が母音にあるから。

labor 【弱形】:アクセント位置はorの前。orにはアクセントはない。

rがあるときにしか巻かないよ。

ほかには。

arのときに。

あーrって感じで。

あーのあとに舌を巻く。

軽い巻き方が英国式。

くるって巻くのが米国式。

park, dark, harmonyとか。

そーねあとは。

LとRの区別ははっきりと。

Lは、ベロの先をとんがらせて、上の前歯の付け根の歯茎に持ってくる。

えl。

Rは、ベロを巻いて、口蓋のどこにも触れないように巻く。

あーr。(たとえば、farmers。:農家のおじさんたち。)

うーr。(たとえば、dirt。:土、泥。)

Lは舌の先だけくっつくよ。

Tのときの舌といっしょ。

米国式だと、一瞬しか舌がつかない。

英国式だと、悪魔除けのために、はっきりと舌がくっつく。

僕の場合。

米国式だと、まーrly G.って聞こえるはず。(舌の先が一瞬。)

英国式だと、まーTy G.って聞こえるはず。(舌の先はきっちり。)

というわけで。

発音は、口に出して覚えないと身につかないのだ。

声に出して単語を覚えるんだよ☆

で。

スペル見れば、どんな音かわかるようになるからね。

正しい発音で覚えれば。

スペルミスも格段に少なくなるのだ☆

以上。

まーくん。

(画像は、オムライスIIです。)

発音はスペルで決まるもの。【英語】 はコメントを受け付けていません