【すぴこれ。】

妄想喫茶。【国語】

からんからん。

「マスター?」:アケミちゃん。

「ん-?」:マスター。

「朝刊、ここに置いておきますから。」アケミちゃん。

「うん。」:マスター。

「てか。最近、遅刻もなく頑張ってるじゃない。」:マスター。

「夢があるんです。」:アケミちゃん。

「私も、いつかお店出そうって思って。」:アケミちゃん。

「なになに? 何のお店?」:マスター。

「ここのお店みたいな、素敵な喫茶店。」:アケミちゃん。

「は? 喫茶店?」:マスター。

「喫茶店?」:マスター。

「うん。」:アケミちゃん。

「朝陽が入って。新聞とか読みながら。これから出勤なおとうさんとかいっぱい来てー。」夢見るアケミちゃん。

あ、お客さん。

からんからん。

「いつもので。」:お客さん。

「アメリカンね。」:マスター。

カウンターにコーヒーサーバーを運ぶマスター。

新調の金のスプーンがソーサーの上できらりと輝く。

「はいどうぞ。」マスター。

「わっ。素敵な時計ですねー☆」:アケミちゃん。

「はははこれね。嫁さんがミラノで買ってきて。」:お客さん。

「海外のお仕事とかなさってるんですか?」:アケミちゃん。

「いちおう、CAやってて。うちの嫁。」:お客さん。

「昔のことなんだけどね。」:お客さん。

「気に入ったんだって。」:アメリカンをすするお客さん。

「へー。いいなー。」:アケミちゃん。

「てかさー? アケミちゃん。」:マスター。

「いつ辞めるわけ? 寂しくなるなぁ。」:マスター。

「ちょっと待っててね。」:マスター。

「はいこれ今週号。結構いいの載ってたよ?」:マスター。

「なんですか?」:アケミちゃん。

「FromAくらいしってるだろ?」:マスター。

「見聞を広めないとね。」:マスター。

「夢は見てるだけじゃダメなんだぞ。」:マスター。

「あ。大谷翔平がまた打ってる。」:マスター。

「わー。」:アケミちゃん。

「どうしよー。^^」アケミちゃん。

「何喜んでんだ?」:マスター。

「やっぱ、世界展開かな?」アケミちゃん。

そうだ夢を見ろ夢を。

「夢はでっかく。」:アケミちゃん。

「そだね。夢見て喜んでるうちはまだガキレベルだもんね。」:マスター。

「年間MVP獲れるくらい頑張るって、とっても難しいからね。」:マスター。

「あの。」:お客さん。

「新聞いいですか?」:お客さん。

「打倒スタバ!」:アケミちゃん。

「は?」:マスターとお客さん。