【社会】

飛行機乗るならZippoは置いていけ。【社会】

飛行機に乗るときに。

愛用でお気に入りのZippoは持ち込めません。

僕はかつて2度、お気に入りのZippoを空港で失いました。

あれね。

つっかかるのよ。

オイル入ってるから。

爆発したり燃えたりしたりするものは機内に持ち込めないのだ。

でそこで、愛用でお気に入りのZippoを2度失ったことがある。^^;

返ってきません。w

えええええ。

というわけで。

今日はZippo講座。

よく見たことある人いると思いますが。

Zippoは、米国製のライターのことです。

お値段はピンキリで。

全部、同じ仕様でできています。

ライターの外側が、いろんな柄があってバリエーションに富んでいます。

でも中身は一緒。

で。

火がつかなくなったら。

①オイル切れ。

②フリント(火打石)。

そのどちらかが切れてるからで。

中身をすぽっ。

はずして。

ひっくりかえしたら、オイル用の孔と、ねじがついてます。

オイルを入れるには、Zippo専用オイルの白いところを立てて。

そして、オイル用の孔にさかさまに給油します。

あんまり入れすぎるとかえって火がつかない現象が起きます。

ねじは、1円玉でドライバーのようにくるくる回します。

つっかえてうまく着火できなくなったときは、フリントの交換時期です。

フリントも、Zippo専用のフリントが売ってます。

5個くらいセットで売ってます。ひとつにつき。

これで。

いーな。w

半永久的に、その君のお気に入りのライターは君のものなのだ。

火がつかなくなったからって捨ててはならない。

オイルも、フリントも、交換したらまたZippoは蘇るから。

ずっと長持ちさせて、大切に使うものなのだ。

Zippoは、ズボン(おもにGパン)のおしりのポケットに入れると。

ジーンズのおしりのところにZippo型に擦り切れたused jeansになってカッコいいです☆

というわけで。

これからZippoを愛すなら。

空の便にだけは乗せようと思わないこと。

ぴーぴーぴーぴーでつっかかったら。

そのまま没収されちゃうからだ。

以上。

まーくん。

(画像は、ニラたまです。)