【英語】

関係代名詞と関係副詞の違い。【英語】

関係代名詞っていうと。

whoとかwhichとかthatで。

主格と所有格と目的格がある。

要は。

代名詞が変身したものが関係代名詞だ。

He is the boy. I saw him in front of the museum yesterday.

He is the boy (whom I saw in front of the museum yesterday.)

:彼は(昨日、博物館の前で私が見た男の子です。

ね。

himがwhomに化けてる。

逆にいえば。

himをwhomに変身させて、先行詞のすぐあとに持ってくるだけ。

The boy looked happy with his slimes above him. He got a thunder.

The boy (who got a thunder) looked happy with his slimes above him.

:(雷の一撃を喰らったその男の子は、空中に舞うスライムと一緒に幸せそうでした。

これも。

Heがwhoに化けてる。

で。

先行詞のすぐあとにくっついてる。

これを前から訳してみよう。

whoなんだから、「誰のことかっていうとね。」って前置きしてるだけなのだ。

上の文だと。

「彼は男の子ですが、誰のことかっていうと、昨日、博物館の前で私が見た子のことね。」

こーやって読むと、長文がすらすら読めるようになる。^^v

「その男の子はね、誰のことかっていうと雷の一撃を喰らった子のことなんだけど、上空のスライムとえらく幸せそうだったよ。」

こーやって、前から情報を処理していくのだ。

で。

「訳しなさい。」って言われたときだけ、(  )が先行詞にかかるように訳してあげるだけ。

人だからwho, whose, whom

モノとか動物だったらwhich, whose, which

セットだったり、強い限定とか受けるときはthat

これで先行詞にかかるのがmy walletだと、所有格だから、whose walletってくる。

これが関係代名詞。

関係副詞は、副詞なんだから、前置詞とセットなのだ。

たとえば。

I cannot forget the day (when he recovered from his illness.)

先行詞が名詞なのは当たり前。

ここを見るんじゃないんだよ。

これは、以下のように書き換えられる。

I cannot forget the day (on which he recovered from his illness.)

どうしてonなのか。

それは、この文は、以下の2文に分けられるから。

I cannot forget the day. He recovered from his illness on that day.

dayだからon。Mondayとかと一緒。

で。

on that dayなら。これは、前置詞+関係代名詞。

つまり、on which。(whichがthat dayのかわり。)

on which=whenなのはなんでかっていうと。

これは、時を表してるから。

「いつ」復帰したの?ってことね。

「いつ」は「復帰する」にかかるでしょ?

動詞を修飾している「いつ」の部分は、名詞以外を修飾してるから副詞のはたらき

前置詞+名詞がMでおまけで副詞なときに、関係副詞なわけだ。

whenだったり、whereだったり、whyだったり、howだったり、thatだったりする。

というわけでまとめ。

①関係代名詞には主格と所有格と目的格がある。

②大本の代名詞が変身するだけ。

③関係代名詞は、先行詞の直後に置く。

④関係代名詞は、代名詞が変身する。関係副詞は、前置詞+代名詞が変身する。

:前置詞は、動詞のあとにつけるか、at whichみたいにセットで先行詞のあとに置く。

ま。こーゆーこと。

ポイントは、長文で出てきたときに、「誰のことかっていうとね。」って。

前から情報を処理していくこと。

わかったな。^^

というわけで。

実はえらく楽勝だったりするのが関係詞なのだ☆

以上。

まーくん。

(画像は、青椒肉絲です。)