【すぴこれ。】

塾屋と医者。【教育】

塾屋と医者は。

ほとんど同義である。

「このアホ、治りませんかね?」

「えっと。いやー。あの。」

「できれば慶應義塾がいいんですの。」

「(死ぬ気かこのババぁ。)」:本音。

「2/11は空いてたんで学院で。」

「(死。)」:本音。

ストレスがとても高い世界であることも事実。w

だいたい内申ねーだろうがこのヤロー!

いいな慶應は。

9教科45点中。

現在、38以上ないと合格らないぞ。

で。

記述に強い奴じゃないと無理。

英作文がきちんとできるのは当然として。

60分間で、あれ全部解いて。

80点ないと無理だ。

過去問あたってみろ。

いいか冬休みにガッコの先生を泣かせてはならない。

38ないと無理だぞ。内申。

オール4で、あと2教科、5じゃないと合格最低ラインにかからないのだ。

狭き門なのだよ。

で。

まーなんというか。

二次面接というものがあって。

緑:合格。

黄色:A判定。

赤:B判定。

黒:C判定。

こうとらえていればよい。w

これは慶應義塾高等学校の場合であるが。

回ってくることもあれば、そうでない場合もある。

まー。

医者の判断の札そのものといってよい。

自分なら、赤は見ない。w

普通。

そのアホはどんなに頑張っても治る見込みはないからだ。

以上。

まーくん。

(画像は、鶏肉のピリ辛炒めです。)

The Urgent Messages for You (.pdf)

 

塾屋と医者。【教育】 はコメントを受け付けていません